保険適用について

2022年4月から保険適用範囲が拡大され、一般不妊治療および高度生殖補助医療(ART)と呼ばれる体外受精や顕微授精などの治療おいて患者負担が原則3割で治療が可能になりました。 また所得や年齢に応じて負担額が変わる高額療養費制度も適用されることになりました。
一方で保険適用外になる治療や年齢制限や回数制限があるなど、一般的な保険診療とは異なります。
不妊治療の保険適用について以下の動画をご覧ください。

保険適用が可能な治療とその料金について

2022年4月~(被保険者:3割負担の場合)

  • 一般不妊治療管理料:750円(3ヶ月に1回)
  • 人工授精:5,460円

生殖補助医療管理費:900円体外受精周期ごと

排卵誘発剤実費(保険) 約10,000~20,000円
超音波、ホルモン検査(保険) 1回 約4,000円 ※1週期3回限度

排卵基本料:9,600円(0個の場合は加算なし)

採取された卵子の数に応じて下記を加算

1個 7,200円(合計16,800円)
2~5個 10,800円(合計20,400円)
6~9個 16,500円(合計26,100円)
10個以上 21,600円(合計31,200円)
(麻酔は別途費用になります)

受精法

  • A)一般体外受精(媒精):12,600円(個数にかかわらず)
  • B)顕微授精(ICSI):(個数に応じて下記を算定)

採取された卵子の数に応じて下記を加算

1個 14,400円
2~5個 20,400円
6~9個 30,000円
10個以上 38,400円
(麻酔は別途費用になります)
  • A・B両方実施の場合:媒精の半分(6,300円)+顕微授精代
  • 精巣内採取精子使用の場合:15,000円加算(1度に限り)
  • 卵子活性化処理実施の場合:3,000円加算

先進医療:ヒアルロン酸を用いた生理学的精子選択術実施加算:23,000円

受精卵培養(採取翌日から初期胚まで:受精卵の個数に応じて)

1個 13,500円
2~5個 18,000円
6~9個 25,200円
10個以上 31,500円

先進医療:タイムラプス撮像法による受精卵・胚培養加算 33,000円

胚盤胞培養加算(初期胚から胚盤胞期:培養する胚の数に応じて)

1個 4,500円
2~5個 6,000円
6~9個 7,500円
10個以上 9,000円

胚移植

新鮮胚移植 22,500円
融解胚移植 36,000円
  • 卵孵化補助術(アシステッドハッチング)実施の場合:3,000円加算
  • 高濃度ヒアルロン酸含有培養液使用の場合:3,000円加算

先進医療:子宮内膜刺激術(SEET法)実施加算:39,000円

  • SEET法は、採卵周期にお申し出いただく必要があります

胚凍結保存

1個 15,000円
2~5個 21,000円
6~9個 30,600円
10個以上 39,000円
  • 胚凍結保存維持管理費用:10,500円 (1年毎)
  • 保険適用には条件があります

先進医療(自費)

  • ヒアルロン酸を用いた生理学的精子選択術(PICSI):23,000円
  • タイムラプス撮像法による受精卵・胚培養:33,000円
  • 子宮内膜刺激術(SEET法):39,000円
  • 子宮内膜受容能検査(ERA):143,000円
    子宮内細菌叢検査(EMMA+ALICE):77,000円
    二段階胚移植術 新鮮胚移植:75,000円
    二段階胚移植術 凍結融解胚移植:120,000円
    ※一段階目は保険適用となります。

料金プラン一例

詳しくはお問い合わせ下さい

【例1】完全自然周期 約100,000円
900円+採卵1個:16,800円+媒精 12,600円+培養 13,500円+タイムラプス 33,000円(自費)+新鮮胚移植 22,500円(薬剤、ホルモン検査、超音波で約8,000円)
【例2】刺激周期(採卵10個、新鮮胚移植、余剰胚凍結2個の場合) 約170,000円
900円+採卵10個:31,200円+媒精 12,600円+培養(仮:7個) 25,200円+新鮮胚移植 22,500円+タイムラプス 33,000円(自費)+胚盤胞(2個) 6,000円+凍結(2個) 21,000円(薬剤、ホルモン検査、超音波で約20,000円)
【例3】刺激周期(採卵10個、全胚凍結、余剰胚凍結3個の場合) 約150,000円
900円+採卵10個:31,200円+媒精 12,600円+培養(仮:7個) 25,200円+タイムラプス 33,000円(自費)+胚盤胞(3個) 6,000円+凍結(3個) 21,000円(薬剤、ホルモン検査、超音波で約20,000円)
  • 回数のカウントは、「移植」までした場合になります。「採卵」の回数ではありません。
  • 将来使用目的での採卵は自費診療(保険対象外)となります。
  • 高度療養費限度額制度使用した場合は還付があります。

<保険診療にあたってのご注意>

こちらの利用金については、厚生労働省の第一報を基にした料金体系になります。注射の量、エコー、検査、採血の回数など、具体的な保険適用範囲がまだ発表されていません。詳細については発表があり次第、告知させて頂きます。
当院では患者さま一人一人に合わせたテーラーメイド治療を行っており、妊娠のために有効と考えられる治療においては、保険適用外の治療をご提案する場合があります。その治療を行う際は、一部の治療で保険を使うなどの混合診療は認められないため、全ての治療が自費診療となります。何卒ご了承の程、宜しくお願い致します。