男性不妊治療について

男性不妊とは

不妊原因には、女性だけではなく、約半数は男性に不妊原因があるといわれています。 夫婦間で子供が出来ないでいると、まずは女性側に問題があるのではないかと疑われてしまい、苦しい立場に追い込まれた状況で、ご来院されるケースがよくあります。 しかし、約半数は男性に不妊原因があり、また男性側に自覚症状がない場合もよくあります。 不妊でお悩みの際は、少しでも早くご夫婦共に検査を行い、原因究明をして治療にあたることが、妊娠への早道です。 レディースクリニック北浜では、男性不妊専門のドクターが、男性側の不妊原因の究明及び治療を行っております。

男性の不妊原因

男性の不妊原因にもさまざまな要因があります。 先天性と後天性があり、先天性の男性不妊は遺伝的な要素が多く、後天性の場合は男性側のストレスや生活環境(食生活、睡眠時間、飲酒、タバコなど)が影響していることも多くあります。 また具体的な不妊原因では、 一つ目は、パートナーとの性行為ができない 二つ目は、膣内に射精ができない 三つ目は、精子に受精ができるための運動能力と数がない 一つ目と二つ目は、本人でも自覚ができますが、三つ目の精子に障害があるケースに関しては、検査が必要となります。
性機能障害・・・・勃起障害(ED)、射精障害(膣内射精不能症)など 精路通過障害・・・逆行性射精、閉塞性無精子症、膿精液症、精索静脈瘤など 造精機能障害・・・精子無力症、精子死滅症、非閉塞性無精子症、乏精子症、奇形精子症、不動精子症など

精液検査について

精液検査では、男性の精液を採取し、精子特性分析機(SQA-V)を使って、精子の数や運動性、スピードなど分析いたします。 当院では、院内で精子特性分析機(SQA-V)を導入しておりますので、検査結果をモニターでご覧いただきながら、より分かりやすく説明させて頂きます。 精子特性分析機(SQA-V)の詳細はこちら

無精子症の治療方法

無精子症とは、精液内に精子が観察出来ない状態をさします。 ただ精液内に精子が存在しなくても、精巣(睾丸)で精子が作られていれば、手術で精子を取り出し、凍結保存することにより、顕微授精を行うことが可能です。 当医院では、100例以上の精子を取り出す手術(TESE、MD-TESE)の執刀経験のある男性不妊専門のドクターをむかえ、男性不妊の疾患にも迅速な対応を行っております。

診察日時

毎月、第一土曜日、14:00〜16:00(受付16:00まで)

完全予約制−診察をご希望の方は、お電話(06-6202-8739)いただくか、来院時に直接受付にてお申し込みください。

2017年8月~12月までのスケジュール

  • ・8月5日(土)14:00〜16:00(受付16:00まで)
  • ・9月2日(土)14:00〜16:00(受付16:00まで)
  • ・10月7日(土)14:00〜16:00(受付16:00まで)
  • ・11月4日(土)14:00〜16:00(受付16:00まで)
  • ・12月2日(土)14:00〜16:00(受付16:00まで)
        
  • ※学会出張などにより、日時が変更となる事がありますので、受付にてご確認ください。

男性不妊外来 ドクタープロフィール

経歴

1993年 大阪医科大学卒業 大阪医科大学泌尿器科で臨床研修開始
2002年 枚方市民病院泌尿器科副部長
2005年 藍野病院泌尿器科部長
現在 大阪医科大学泌尿器科 非常勤講師 大阪医科大学不妊外来担当

専門医・資格等

  • ・医学博士
  • ・日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医、泌尿器科指導医
  • ・日本生殖医学会認定 生殖医療専門医
  • ※増田先生は、当院長と同じく日本で35人しかいない、生殖医療専門医と泌尿器科専門医の両方を持つ男性不妊治療のエキスパートです。

実績

  • ・MD-TESEの執刀は100例以上