卵子凍結保存について

卵子凍結保存とは

採取した卵子を凍結して保存するものであり、体外受精など生殖医療の一環として研究が進められてきました。以前は、一度凍らせてしまうと受精する能力を失ってしまっていたため凍結保存が難しいとされ、受精卵の凍結しか行われていませんでしたが、近年の技術の進歩により、未受精卵の凍結も実用化され、長期の保存が可能になっています。

未婚女性でも卵子凍結が可能に

また、2013年11月15日に開かれた日本生殖医学会の総会で、健康な未婚女性が将来の妊娠に備えて卵子を凍結保存しておくことを認めるガイドライン(指針)と、実施できる施設の基準が正式決定されました。
この指針に法的な拘束力はありませんが、年齢や施設基準などによって一定のルールを設け、無秩序に広がるのを防ぐことが目的で、「卵子凍結による妊娠を希望する人の道を閉ざさないための指針である」としています。

健康で若い卵子と将来受精するために

元来、卵子の凍結は、がん治療などで卵子の機能が失われるのを避けるために保存することを目的としていましたが、今回のガイドラインではこうした医学的な理由のほか、世の中の晩婚化が進んで、加齢によって妊娠しにくくなる「卵子の老化」が注目される中、若いうちに卵子の保存を望む女性が増えている現状を踏まえて、妊娠が難しくなる可能性を懸念する場合の卵子凍結が認められました。凍結した卵子は、本人が希望した場合や死亡した場合には直ちに破棄し、妊娠可能な年齢を過ぎた場合も、本人に通知した上で破棄できるとしています。

年齢の基準としては、「既婚、未婚を問わず、40歳以上での卵子の採取と、凍結卵子を使った45歳以上での妊娠は推奨しない」とされ、また、「指針は、卵子の凍結保存と妊娠・出産の先送りを推奨するものではない」と締めくくられています。

従前より、膠原病治療や、ガンになった女性が放射線治療や化学療法などによって、治療後に性腺機能が著しく低下、消失した場合の不妊症のリスクに備えて治療前に保存することがありました。
また、早発卵巣不全(早発閉経)のような場合、妊娠に対して時間的な猶予がなくなることがありますが、未婚の患者さんの場合、治療前に卵子を採取して凍結保存することによって、治療後に妊娠できる可能性を残すことができます。

昨今の晩婚化による妊娠率の低下を防ぐために

このように限定的に認められてきた卵子凍結保存ですが、厚生労働省の「平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況:結果の概要」にも示されているように、日本では女性の平均初婚年齢が29.0歳となっており、晩婚化が進んでいることは明らかな事実であり、加齢による卵子の老化と妊娠率の低下が注目されるようになったことで、若いうちに卵子の保存を望む女性が増えている現状を踏まえて、加齢などによって成人女性の妊娠が難しくなることを懸念する場合の卵子凍結が認められました。

「今は決まった相手がいないけど、いつか子どもを産みたい。」
「今は子どもが欲しいかどうか分からないけれど、いつか欲しくなるかも知れない。」
「結婚はしているが、今は仕事を頑張りたい。」

決して安易に考えるべきではありませんが、今後はそんな女性の希望を叶え、少しでも若いうちに卵子を保存して将来の妊娠に備えることができるのも、未受精卵の凍結技術です。

当院では安心して卵子凍結を行うことが可能です

「十分な説明のできる常勤の専門医がいること」や「安全で確実に保存できる設備があること」などとしていますが、レディースクリニック北浜でも卵子凍結保存を実施いたしております。

現在、卵子凍結保存をご検討されている方はもちろん、迷われている方も当院までお気軽にご相談ください。

卵子凍結保存に関する料金はこちら