妊娠しやすい身体づくり

サプリメント

PCOS(多のう胞性卵巣症候群)対応サプリメント

「OVU270(オヴュ270)」

OVU270(オヴュ270)

新しいPCOS(多のう胞性卵巣症候群)対応のサプリメントを取り扱っております。
料金:16,200円

くわしくはこちら

妊娠力に必要な医療サプリメントサポート

「Pre-Pregna(プレ・プレグナ)」

Pre-Pregna(プレ・プレグナ)

予防医学の観点から、医師が認めた安心・安全な医療用サプリメント。
料金:7,400円

くわしくはこちら

アンチエイジング療法・飲むプラセンタ

「プラセンタ内服(ラエンネックLAENNEC P.O.)」

プラセンタ内服(ラエンネックLAENNEC P.O.)

飲むプラセンタ【ラエンネックP.O.】を取り扱っております。
服用ご希望の方は医師にご相談ください。

くわしくはこちら

葉酸

葉酸
葉酸とは?

葉酸とは水溶性のビタミンB群の一種で、細胞が新しく作られるのに必須の栄養素です。
細胞に存在する核酸、この核酸の一つがDNAです。DNAはコピーされ親から子へ代々受け継がれていきます。葉酸はこのDNAが作られるときに働く酵素で、細胞分裂には不可欠な栄養素です。また、葉酸には正しく作られなかったDNAを修復する働きがあります。

葉酸の服用時期

妊娠初期は人間の成長においてもっとも細胞分裂が盛んな時期です。
だいたい受胎してから2〜4週間ぐらいが細胞分裂の活発な胎児期です。この胎児期に葉酸が不足すると無脳症や神経管閉鎖障害による病気がおこるリスクが高くなるといわれています。
胎児の神経系のリスクを減らすには少なくとも妊娠1ヶ月前からの摂取が推奨されています(厚生労働省も1ヶ月前からの摂取を呼びかけています)。

葉酸の効果
神経管閉鎖障害の予防
神経管閉鎖障害は赤ちゃんの中枢神経の元(神経管)がうまく作れない症状です。このうち神経管の下部に問題があると「二分脊椎」といって歩けなくなる場合や、上部に問題があると脳がうまく作られず無脳症になり流産・死産の割合が高くなります。これらの症状は1日あたり400μg(マイクログラム)摂取すれば、約70%発症リスクを減らすことができます。
貧血の予防
赤血球を作るには葉酸とビタミン12が必要不可欠です。葉酸が不足すると赤血球がうまく造られないだけでなく酸素を運ぶ力も衰えて貧血になります。
動脈硬化の予防
葉酸が不足するとホモシステインという物質が増えます。このホモシステインは血管を狭くし、硬化させるため動脈硬化をおこしやすくなります。
また、ホモシステインは血液の凝固にも影響し流産や不育症の原因になるともいわれています。
服用について

1日2錠程度を目安に、水などでお飲みください。

料金

2,600円(約3ヶ月分)

DHEA

DHEAとは?

DHEAは体のなかで最も豊富な副腎ステロイドホルモンで、20〜30歳にピークとなり、その後徐々に減少します。
副腎で作られた後は男性ホルモンや卵巣ホルモンに変換され全身に運搬されます。
老化によって崩れていくホルモンバランスを整える働きがあり、アンチエイジング(老化防止)に対するサプリメントとして最近注目されています。

不妊治療において

卵巣機能の低下した43歳の患者にDHEA75mgを7ヶ月投与して、卵巣の反応性が改善された報告がアメリカであります。
また、ヨーロッパでも、卵巣の働きが低下した患者9名(平均42歳)を対象に平均17週間(7〜42週間)の投与後、平均採卵数が4.4個から8.6個に有意に増加し、移植を行った8名のうち2名が妊娠継続した報告があります。

副作用について

多量に摂取すると、以下のような症状が出ることがあります。
肌が油っぽくなり、吹き出物が出ることがあります。
怒りっぽくなることがあります。
頻脈やめまいが生じたらすぐに服用を中止し、医師にご相談ください。
服用量を減らす、もしくは中止すると元に戻ります。

使用上の注意

妊娠の可能性がある方は服用できません。
高血圧の既往がある方は服用しないでください。

服用について

1日2回、1回1カプセル服用して下さい。

料金

10,800円(約3ヶ月分)

L-カルニチン

L-カルニチンとは?

L-カルニチン(エルカルニチン)は二つのアミノ酸(リジンとメチオニン)から構成された成分で、肉などから摂取することができます。体内でも微量に作られている成分ですが、加齢により作られにくくなります。L-カルニチンは20代がピークといわれ、徐々に減少し始めます。
L-カルニチンは脂肪の燃焼に大切な働きをします。食事で摂った脂肪や糖は筋肉内のミトコンドリアで燃焼されるのですが、この時、脂肪をミトコンドリアまで運んでくれるのがL-カルニチンです。
脂肪は筋肉のエネルギー減として使用されてはじめて燃焼し、減少します。
つまり、運動によって筋肉がエネルギーを燃焼しないと脂肪はなくなりませんがL-カルニチンを適切に摂取することで脂肪が燃焼しエネルギーが活発に働くようになります(脂肪を燃焼させるため、ダイエット効果もあります)。

不妊治療において

マウスの実験においてL-カルニチンを投与するとミトコンドリアの機能低下が改善され卵胞の成熟を改善することが明らかとなっています。
卵子の質はミトコンドリアの機能と密接に関係しておりL-カルニチンの服用により改善する可能性があります。

服用について

1日1包を目安にそのままお飲みいただくか、水に溶かしてお飲みください。

料金

10,800円(約1ヶ月分)

ラエンネック(ヒトプラセンタエキス)

プラセンタとは胎盤のことです。胎盤には生理活性作用の強い各種の成長因子が存在しています。「成長因子」とは”細胞分裂活性化因子”のようなもので、細胞を刺激して細胞分裂を促します。その結果、新陳代謝が盛んになり、古い細胞がどんどん新しい細胞に置き換わり、それに伴い、全身の細胞が活性化するものといえます。

子宮内で胎児がわずか10ケ月足らずの間に3kgに成長する要因のひとつとして、これらの成長因子の働きによる、細胞活性化作用が大きく関与するものと考えられます。
私たちは、母親から成長因子を受け継いで18〜24歳くらいまで成長します。残念なことにそれ以降は年齢とともに成長因子が乏しくなり緩やかに老化していくと考えられています。

胎盤の中に含まれている有効成分

タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、各種成長因子(肝細胞増殖因子、神経細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子、コロニー形成刺激因子、インシュリン様成長因子、インターロイキンなど)

ラネンネックの主な作用
  • ・内分泌調整作用(ホルモンを調整する)
  • ・免疫賦活作用(病気に対する抵抗力を高める)
  • ・基礎代謝向上作用(基礎代謝を盛んにし、細胞や器官・臓器の働きを活性化させる)
  • ・活性酸素除去作用(活性酸素を除去し、酸化を防ぐ)
  • ・抗炎症作用(炎症を抑える)
  • ・創傷回復促進作用(壊れた組織の修復を促進する)
  • ・抗アレルギー作用(アレルギーを抑える)
  • ・血行促進作用(血液循環を良くする)
  • ・細胞呼吸促進作用(疲労回復)
  • ・アンチエイジング(若返り)
不妊治療において

ホルモンバランスの乱れや、卵巣周辺の血流が悪いと卵子の発育がうまくいかないことがあります。上記のようにラエンネックには多数の作用があり、卵巣機能の改善が期待できます。
また、子宮内膜が薄い方には子宮血流が増加し、子宮内膜が厚くなる可能性があります。
実際にラエンネックの服用により、血液中の成長因子が増加し、採卵数が増えることが証明されています。

プラセンタの副作用
  • ・注射部位の疼痛
  • ・かゆみ、発疹等
服用について

ラエンネックは、服用する目的により飲み方が異なりますので医師にご確認下さい。